ネオトラディションDocs

Company Information

  • 業界:メーカー
AGC株式会社

AGC株式会社なんでもないから、とんでもないまで

会社概要

プロフィール

1956年と日本企業では戦後いち早く海外へ進出し、現在では連結ベースでアジア、ヨーロッパ、北米を中心に世界およそ30の国と地域に拠点を展開。国内外連結グループ従業員は50,963名、売上高は1兆2,826億円という規模になります。(2016年12月期連結業績)
また、AGCでは従来、国単位で進めていたビジネスを、アジア、アメリカ、ヨーロッパといった地域単位、さらには全世界一体で考え、生産から販売までの全ての段階において、ボーダレスな市場を意識したネットワークの再編成を進めグローバル一体経営を強化。それぞれのカンパニーでは海外の各エリアをマネジメントする経営トップクラスに外国人を起用するなど、グループ全体で活発な人財交流を図っています。

事業内容

    PHOTO

    板ガラス、自動車用ガラス、ディスプレイガラス、電子部材、クロールアルカリ・ウレタン、フッ素化学・スペシャリティ、セラミックス、医薬品などの製造および販売
    本社郵便番号100-8405
    本社所在地東京都千代田区丸の内1-5-1
    新丸の内ビルディング
    本社電話番号03-3218-5741
    創立1907(明治4)年
    設立1950(昭和25)年
    資本金908億7,300万円
    従業員6,024名(単独)50,963名(連結)※2016年12月末現在
    売上高4,830億円(単独)1兆2,826億円(連結)※2016年12月末現在
    事業所本社/東京
    研究所/横浜
    事業部支店/東京、名古屋、大阪、福岡 他
    工場/鹿島、千葉、横浜、相模、愛知、関西(尼崎、高砂)
    売上構成ガラス部門        53%
    電子・ディスプレイ部門  20%
    化学品部門        25%
    セラミックス・その他   2%
    関係会社約30の国と地域 連結子会社204社 ※2016年12月現在

    【国内主要関係会社】AGCセラミックス(株)、AGCエレクトロニクス(株)、AGCテクノグラス(株)ほか

    【海外主要関係会社】AGCガラス・ヨーロッパ(ベルギー)、AGCオートモーティブ・アメリカ(アメリカ)、旭硝子特殊玻璃(蘇州)有限公司(中国)、AGCディスプレイグラス台湾(台湾)、旭硝子ファインテクノ韓国(韓国)、AGCケミカルズ・タイランド(タイ)ほか
    代表者代表取締役・社長執行役員・CEO 島村 琢哉
    平均年齢従業員平均42歳
    平均年収大卒総合職平均約1,095万円
    ※大卒総合職の月平均賃金×12カ月分と賞与夏冬平均を合算して算出
    (2016年実績)
    海外勤務※海外現地法人に在籍出向している大卒総合職社員人数
    424名(2017年7月現在)
    アジア359名
    米州43名
    欧州22名
    業績      (連結)             (単独)
    決算期    売上高  経常利益      売上高    経常利益
    ─────────────────────────────
    2016年12月  12,826      -    4,830   493 
    2015年12月  13,263      -    4,958   433 
    2014年12月  13,483      -    5,344   779 
    2013年12月  13,200    631    5,401   433 
    2012年12月  11,900    866    5,431   349 
    2011年12月  12,147   1,667    5,604   827
                            (単位:億円)
    沿革
    • 1907年
      • 旭硝子(株)創立
    • 1909年
      • 板ガラスの製造を開始
        日本で初めて板ガラスの国産化に成功
    • 1917年
      • 日本最初のアンモニア法によるソーダ灰の製造を開始
    • 1938年
      • 加工ガラス(強化ガラス、合わせガラス)の製造を開始
    • 1954年
      • テレビブラウン管用ガラスバルブ事業に進出
    • 1956年
      • 自動車用ガラス事業に本格進出
        インド旭硝子(株)を設立
    • 1975年
      • イオン交換膜による苛性ソーダ製造技術を開発
    • 1985年
      • 無アルカリガラス、合成石英ガラスの販売開始
    • 1996年
      • プラズマディスプレイ用ガラス基板「PD200」の製造開始
    • 1998年
      • TFT-LCD用新無アルカリガラスの量産を開始
    • 2000年
      • 世界初の自動車フロントガラス用「低反射ガラス」「撥水ガラス」を開発
    • 2002年
      • 赤外線カットガラス「クールベール」を世界で初めて開発
    • 2004年
      • 当社高機能フッ素樹脂「フルオンETFEフィルム」が2006年サッカー国際大会(ドイツ/ミュンヘン)の開幕戦会場「アリアンツ・アリーナ」に採用
    • 2005年
      • エレクトロニクス&エネルギー事業本部を新設
    • 2006年
      • 当社高機能フッ素樹脂「フルオンETFEフィルム」が2008年北京で開催の世界的スポーツイベント施設(メインスタジアムおよび水泳会場)に採用
    • 2007年
      • AGCグループ・ブランドを「AGC」に統一
        旭硝子(株)創立100周年
    • 2008年
      • 太陽電池用ガラス事業を強化すべく、ソーラー事業本部を新設
    • 2009年
      • 当社塗料用フッ素樹脂「ルミフロン」が2011年12月竣工予定の東京スカイツリーに採用
    • 2010年
      • 中国にディスプレイ用ガラスの新社を設立
        上海万博日本館に「フルオンETFEフィルム」が採用
    • 2011年
      • 化学強化用ガラス「Dragontrail」の販売開始
        自動車のフロントドア用UVカット強化ガラス「UVベールPremium」の販売開始 
        ブラジルに建築用、自動車用ガラスの新社を設立
    • 2012年
      • 2014 FIFA World Cup のブランドライセンス権を獲得
        多用途向け化学強化特殊ガラス「Leoflex」を販売開始
    • 2013年
      • メキシコに自動車ガラス事業を展開
    • 2014年
      • ベトナムに化学品事業を展開
    • 2016年
      • モロッコに自動車ガラス生産拠点を新設
        ドイツでバイオ医療事業を展開
    平均勤続勤務年数17.8年
    月平均所定外労働時間(前年度実績)20.7時間
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)18.3日
    前年度の育児休業取得対象者数77名(女性:73名、男性:4名 2016年度実績)
    前年度の育児休業取得者数77名(女性:73名、男性:4名 2016年度実績)
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合5%(2023名中 女性112名、2016年度実績)


      DOCS-ドックス-
      会員登録してご利用ください。

      外資・日系大手内定者によるES添削、個人面談。
      外資・日系大手企業からのスカウトメール
      オープン時のSMS/DMなど多数サポート。

      News

      Article